2009年09月17日

最近のギルド

数か月分を適当に数えてみた。

正統派:36%
読み物:24%
店:18%
連作:12%
リソース:10%
posted by 山猫 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | cardwirth(雑文)

2009年09月16日

Eumenidesの追加報酬

Eumenidesというシナリオの追加報酬の入手方法が面白い。

【騎士ロドリグ=マルタンの依頼で、安全な場所に避難させるよう託された。遠出の馬車に乗せる(宿で売却)しかるべき場所に匿う(別シナリオのNPCに渡す)などすると報酬をもらえる。使用効果はありません。】

つまり、NPCをアイテム扱いにして宿で売却などで追加報酬を表現している。

そこで気になる一文・・・
【しかるべき場所に匿う(別シナリオのNPCに渡す)】

しかるべきNPCとな? ならば・・・
posted by 山猫 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自重しないシリーズ

連戦での休憩について

連戦で次の戦闘の前に敵一匹だけ残して回復や補助を行う事について。
その行動を作者が想定している場合はプレイヤーの作戦となり、作者が想定していない場合はプレイヤーのズルとなります。

↓のバトルフィールズのデュラハンの場合、作者さんが想定していた(Readmeより)ようなので、プレイヤー側の作戦勝ちといっていいでしょうが、例えばキーレの切り風渓谷、巨人→翼竜の連戦で、巨人を一匹だけ残して回復、補助を行うのは、少しの後ろめたさがありました。

なぜこんな事を書いたかといえば、特に意味はありません。
posted by 山猫 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | cardwirth(雑文)

バトルフィールズ

おもろかたー。
面白い戦闘シナリオといえば武芸団や13魔女などの戦闘中のイベント、ギミックが豊富なシナリオが思い浮かびますが、このシナリオの場合、それらを極力取り除いた戦闘バランスに仕上げられています。

というのもエネミーカードとエネミー所持スキルの絶妙なバランス、エネミー出現のタイミングでバトルを盛り上げている非常に珍しく、面白いバトルシナリオでした。

続きを読む ネタバレ含む
posted by 山猫 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | cardwirth(感想)

2009年09月12日

のごごご

急に寒くなってきた。残暑無し。
posted by 山猫 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

蜘蛛退治の依頼

熊と蜜蜂は正統派の短編であり、キーコードやアイテムを駆使して細かい作戦を立てながら楽しむシナリオです。
鍋の番人は個性派の短編であり、一度遊ぶだけでも脳裏にテキストが刻まれるほどのインパクトがあります。

この蜘蛛退治の依頼は上記の二つの長所を持つシナリオ。
正統派の探索シナリオでありながら、随所に作者特有の個性が感じられ、そのバランスも理想的。

良い仕事しておりますです。
posted by 山猫 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | cardwirth(感想)