2009年10月28日

妖魔の巣穴

妖魔の探索&討伐シナリオ。
豚の穴倉と同じく、相変わらず泥臭いです。(良い意味でも悪い意味でも別にどちらでもない)
さわやかなスイーツの香りが漂うお洒落なシナリオをプレイしたい時にオススメです。むしろやれ。

細かいカードの絵柄で妖魔の動きを現す演出がこっており、とても面白いです。
ゴブリンのバリエーションが多いのもとても気に入りました。全国8人のゴブリンマニアにはたまらないでしょう。

エリアやオブジェクトによって鑑定キーコードに対応してたりしなかったりするのは、少し作りこみが甘い気がします。
こういった探索における仕様はすべてのエリアやオブジェクトで共通にしておかなければ、プレイヤーは混乱します。
具体的に言えば最初に鑑定でカキーンとなれば、もう鑑定は使いません。


勢いで感想を書いたら、なんだかものすごく失礼な感じになったので、無理やり敬語に直してみた。
するとどうでしょう。もっと嫌味ったらしい感じになってしまいましたとさ。
posted by 山猫 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | cardwirth(感想)